カジノ好きのための旅行先トップ5

カジノには、多くの観光客を惹きつけるための環境が整っています。カジノ産業は、一昔前と比較すると、特にプレゼンテーション面において大きく進歩しました。

中国・マカオ

ギャンブルを楽しむのに最高の街といえば、マカオが必ずトップ入りします。マカオの絶妙な美しさとカジノ産業の規模はラスベガスをしのぐほどで、世界で最も有名なカジノの一つも存在します。現在、中国ではギャンブルは禁止されていますが、マカオは中国の特別行政区であり、ギャンブルは許可されているだけでなく奨励されています。この街にある大半の施設の利益は、主にゲームやベッティングから発生するものです。この街では、ブラックジャックのようなゲームをしたり、さまざまなスポーツに賭けたりすることができます。

カナダ

カナダは、どんな旅行者にとっても理想的な休暇を約束してくれるでしょう。国の政策は友好的で、国内での紛争もありません。またカジノも合法的に存在し、スロットマシンからカードゲームまで、何でも揃っているのが特徴です。なかでもオンタリオ州は、ギャンブル好きならぜひ訪れてみたい場所で、70のカジノに、3万台のスロットマシンやギャンブルマシン、618台のテーブルゲームが備えられており、他の観光名所に加えて楽しむことができます。やりたいことがあっという間に見つかる、喜びと娯楽が満載の場所で、競馬から食事まで多彩な楽しみを体験できます。

コスタリカ・サンホセ

コスタリカといえば、ジップライン、ラフティング、カヤック、スキューバダイビング、クリフダイビング、スカイダイビングなどが有名ですが、他の国に勝るとも劣らないカジノも体験できます。優れたサービスとゲームの種類の豊富さで、ギャンブラーは飽きることなくアクティブに楽しむことができます。

シンガポール

カジノの世界ではまだ新しい国ですが、あっという間に最高の国の一つとしての地位を確立しました。膨大な数のカジノがあるため競争が激しく、ギャンブルビジネスへの期待を裏切らないサービスを提供しています。中でもマリーナ ベイ サンズ カジノは必見の見どころです。2500室以上の客室に加え、複数のプールやナイトクラブを備えており、カジノビジネスにおける同国のイメージを大きく向上させたカジノの一つとなっています。まだシンガポールを訪れたことのない人は、楽園のようなイメージを抱きがちですが、ひとたび足を踏み入れると、ギャンブル以外にも多くの見どころがある国です。

米国・ラスベガス

ラスベガスを知らない人はまずいないでしょう。この街は、過去に多くの映画で宣伝されたことで、有名なギャンブル都市になっただけでなく、世界中の映画の撮影場所にもなっています。この砂漠の街では、スロットマシン、ルーレット、ブラックジャック、ポーカーなどを思う存分満喫できます。また、ギャンブルに飽きたら、近隣のフーバーダムや遊園地、ストラトスフィアの見学など、たくさんの観光名所を楽しむことができます。

冒険とエンターテイメントがバランスよく揃うこの街は、一度訪れるとずっと滞在したくなり、帰国してからもまた再訪したいと思うような素晴らしい場所なのです。ラスベガススタイルのスロットをプレイしたい方は、Slotsformoney.com にある数多くのゲームでお楽しみください。

まとめ

よく知られている伝統的な街の施設だけでなく、新しい施設も次々に誕生しています。その一つはニュージーランドで、息を呑むような絶景を楽しみながらゲームができる場所となっています。また、ギャンブルにこれから参入する予定の国には、旅先として人気の高い日本があり、参入した暁には世界で最も人気のあるギャンブル観光地の一つになると考えられています。